悩みは風俗嬢が解決

リアルな時間になったと思う

あの日の人妻風俗嬢との時間は「風俗を楽しんだ」というよりも、不倫でもしていたんじゃないかと錯覚するような時間になりました。それくらい彼女の反応、態度。それらがサービスという枠を超え、「本気」の時間だったような気がするんです。本気になってくれているってことは、それだけのめり込んでいるってことじゃないですか。その分自分も彼女の世界観に引き込まれていきましたね。だからか、風俗を利用しているっていう気持ちはどんどん薄れていきました。気付いたら彼女の体を貪りつつ、こちらにも快感をもたらしてもらえていて、気付いたら無我夢中でしたし。あれだけの時間を過ごせたという点だけでも、自分にとってかなり有意義な時間を過ごすことが出来ましたし、夢中になれたということは、それだけ自分が興奮していたからこそですよね。あの人妻とのプレイは、これまでの自分の風俗の中でも相当良いものになったんじゃないかなって。だからこれからの指標ですね。

ホテルの雰囲気とマッチしていた

この前のデリヘルの際にお世話になったホテルは、大人な雰囲気があったんですよ。部屋全体が落ち着いていたんですよね。でもそれが相手のJちゃんの雰囲気にマッチしていました。彼女は風俗のポータルサイトを見ている時に見つけたんです。なんて美人なんだろうと。可愛さではなく、美人さがマックス。そんな風俗嬢だったので、遊んでみたい気持ちが高まったんです。しかも都合が良いことに、彼女はその日が出勤日でもあったんです。だから今日しかないだろうってことで彼女と遊んだんですけど、ホテルの雰囲気と彼女の雰囲気がマッチしていたのもあって、大人な雰囲気の時間をより満喫することが出来たんじゃないかなって思いましたね。むしろああいった雰囲気の時間を楽しめると、自分でも何も悔いはありません。彼女を指名して、そしてこのホテルで楽しめて良かったなって気持ちになれましたし、おかげで自分の気持ちもかなりのものだったので、満足感は相当ですよ。